ご挨拶

理事長 室町正志

私共東芝国際交流財団は、1989年の創設以来、「対日理解の促進」を基本ミッションとし、日本が持つ技術や経済の潜在力だけでなく、その固有の文化や社会制度を含め、日本の全体像を正しく理解して頂くための事業を展開してまいりました。

過去30年の間に日本を取り巻くグローバル環境も大きな変貌を遂げましたが、特に近年は世界各地で見られる、「孤立主義」の台頭や、情報通信システムの加速度的な発展に伴うサイバー・セキュリティの問題、地球温暖化や大規模自然災害の増加、発展途上国を中心とする人口問題など、国家や国境を越えた様々な進展や課題が顕在化するなかで、日本が、現代から未来に向けて世界に発信していくべき価値観とは何かを今一度見つめなおし、国際社会で日本が果たすべき役割を問い直す時期に差し掛かっていると言えると思います。

一方、2020年の年初から始まった新型コロナウィルスの感染拡大により、世界中に大きな激変の波が押し寄せています。当財団の事業の主軸である国際交流の分野でも、従来型の参加者を集めたシンポジウムやワークショップ、展示イベントなどでは、非接触型のネット化推進の動きが加速しています。また芸術創作活動や、共同研究、教育・人材育成事業などでも、従来通りの成果を生み出すことが求められる中で、様々な制約や障壁を乗り越えるべく日々ご尽力されている、関係分野の皆様に敬意を表したいと思います。私共東芝国際交流財団としても、「対日理解促進」という基本ミッションを果たすべく、最大限の努力を続けてまいりたいと存じます。

今後とも皆さまの倍旧のご指導をお願い申しあげます。

公益財団法人 東芝国際交流財団
理事長 室町正志

Top
Top